風邪を引いたら結膜炎になるの?風邪と結膜炎の関係とは?

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_m

風邪を引くと結膜炎を併発することが!!!

風邪から結膜炎を引き起こすことがあります。
結膜炎を引き起こす原因は主に3つです。

●アレルギー
●細菌
●ウイルス

ウイルスが原因で起こる結膜炎には、様々なウイルスが原因で起こります。
その多くのウイルスの中には、風邪ウイルスがあります。
風邪ウイルスは、たくさんの種類がありますので、その中に結膜炎も一緒に引き起こすものもあります。

結膜炎も風邪同様、人にうつす可能性があるので、他人にうつさないようにする注意が必要なんです。

スポンサードリンク

風邪と併発した結膜炎の症状とは?

91578872b21b274026c25c4b0a9fd664_m
主な症状として、
●目の充血
●目やにがたくさん出る
●まぶたがはれるなど

があります。

風邪と併発する結膜炎の場合は、症状が軽い事が多く風邪が治るにつれて、結膜炎も治ります。

なので、特別な治療は必要がありません。

目の充血がひどい場合、目やにの量が多い場合は、細菌や炎症を抑える目薬を処方してもらった方が、
早く治りますので、眼科に行って、目薬を処方してもらいましょう。

風邪を引くと結膜炎になるということを、知らない人は結構います。
大人で併発することはあまり無い為、併発することを知らない人が多いと言えます。
スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る