転んですりむいた! 子どものけがの対処法

転ぶ

「転んだ」「ぶつけた」「すりむいた」

子どもが元気に遊んでいる姿を見ると楽しいものですね。
でも、時には「転んだ」「ぶつけた」「すりむいた」なんてことも。
つい慌ててしまいますが、適切な対処法を知っていれば、落ち着いて対応する事ができます。
スポンサードリンク

すり傷や切り傷の応急処置の方法は?

818a0ccdb6e9f5f8d3e79a90f95a6dbe_m

傷の手当ての基本は「清潔に」。まずは水道水で傷口についた雑菌や砂などを洗い流しましょう。
痛がるのはかわいそうですが、ここでしっかり洗うことがポイント。
よく洗ったら水けを拭き取ります。出血している場合は清潔なガーゼを傷口に当て血が止まるのを待ちます。
浅い傷なら、そのあとガーゼやばんそうこうで保護すればそれで大丈夫です。

2~3日たって傷口が乾いてきたら治ってきた証拠です。
もし傷口から汁が出たり、腫れてくる場合は、細菌感染を起こしている可能性があるので、医療機関で診てもらった方がいいでしょう。

また傷が深い、出血量が多い、顔にけがをしたなどの場合も受診したほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る