赤ちゃんが寝かしつけても寝てくれない・・・その理由を知って改善しましょう

d8f0f160d44cd9b28af5ba580dda83a0_m

夜寝てくれないとママも辛いですよね

夜、寝てくれない赤ちゃんに悩むママはたくさんいます。特に新生児は3時間に1度の授乳が必要ですよね。
産後間もないママは2時間以上ぐっすり眠ることができませんよね。

そして、昼夜逆転が続く子も多く、ママにとってつらい時期になります。
寝付きが悪い赤ちゃんは、理由があります。月齢的・発達上の理由もあれば、家庭の育児環境・生活習慣に関わる原因もあります。

スポンサードリンク

寝付かない子の理由をチェックしていきましょう

b71681adf9efa8e1d017271e7e45e8f9_m
■昼夜逆転
生まれたばかりの赤ちゃんは、「昼はよく寝るのに、夜はぐずって寝ない」ということがよくあります。

新生児は3時間~4時間おきに寝たり起きたりを繰り返す生活リズムです。
昼間はママとふたりきりで静かな環境の中で生活し、夜はパパや家族が帰ってきて、そのまま夜遅くまで家の中が明るくにぎやかな家庭に起こりやすいと考えられます。
そうなると、昼間はよく寝て、夜は興奮してしまうため、昼夜逆転現象に陥りやすいです。

■おっぱいをくわえさせたまま添い寝をする「添い乳」
おっぱいをくわえさせたまま寝付かせる習慣をつけると、成長してからも、「おっぱいがないと寝むれない」事になる可能性があります。
赤ちゃんにとって母乳は最高の栄養です。また、赤ちゃんにとっておっぱいは、素肌を触れ合わせる大切なコミュニケーションでもあります。
おっぱいを飲みながら寝る赤ちゃんは少なくありません。そして寝付かせの時に、「添い乳」をするママも多いですよね。

■朝起きるのが遅い・昼寝が長すぎる…など、生活リズムが整っていない
朝寝坊したり、昼寝が長すぎるなどの理由で、夜に寝付けなくなってしまうのは、赤ちゃんも同じです。
生活リズムを付けることは、赤ちゃんにとっても、とても大切なしつけになります。
スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る