赤ちゃんが大好きな、にんじん、かぼちゃを使った離乳食

4016ffe33600a78f72e0441196fcdf0e_m

赤ちゃんが好む甘みがある野菜からはじめましょう

■にんじんの調理法
bc61ab1d4d40b0443152b1faace0c577_m
薄めにスライスしてから、 鍋に水と一緒に入れ沸騰させます。
柔らかくなるまで煮込みます。
すりばちでつぶしてからだと、うらごしがしやすいです。。
水分が少なく感じる時は、煮汁を足しましょう。

最初は煮汁を多めにに入れて、
とろとろにした方が、赤ちゃんは食べやすいですよ。

■かぼちゃの調理法
ee44a7190f0527b0bacbdd6ca5c4f8c0_m
1口大くらいに切って、 鍋に水とカボチャを入れ沸騰させます。
柔らかくなるまで煮込みます。
かぼちゃはにんじんより、 裏ごししやすいので、そのままうらごししてください。
裏ごししにくい時は、 火の通り具合が足りていないので、しっかり煮込で下さい。

スポンサードリンク

うらごした野菜の固さと保存方法

離乳食初期は、ペースト状にしなければいけません。

すり鉢でするだけでペースト状になるものもあれば、裏ごしまでしないといけないものもあります。
少し大変ですが、 赤ちゃんのために頑張りましょう。

少し多めに作って、製氷器などに小さじ1ずつ小分けにして冷凍するのがおすすめです。

凍ったあとは、型から取り出して、フリーザーバッグに入れ替えましょう。

小さじ1ずつ作っておく事で、赤ちゃんに食べさる時に1つずつ使えばいいので、便利ですよ。

離乳食の初期では、小さじ1杯~3杯くらいしか赤ちゃんには食べさせませんので、一気に調理して冷凍保存しておくのがおすすめです。
ママの負担もぐっと減りますよ。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る