男の子を育てるのに気をつけたいことは?

b4b2eeff198b2c0347c701c0ea3be6a8_m

たくさんのスキンシップを心がけましょう

子どもはママからのスキンシップが大好きです。
スキンシップが多いと親からの愛情を実感し、安心感も得られます。
男の子はママにべったり・・・なんて思わずに、たくさんスキンシップを図りましょう。
朝起きたときや、寝る前だけでなく、叱った後も忘れず抱きしめてあげてくださいね。
「叱ったけど、ママはこんなにあなたのことが大好きなのよ」ということを行動で表すと、子どももしっかりと愛情を受け止め、安心することもできますよ。

スポンサードリンク

男の子ならではの不器用さを分かってあげよう

9f1554f8894cda8c0e8658e371da0ee4_m
生まれたときは同じでも、幼少期となると男女で脳の発達にも少しずつ違いが表れてきます。
男の子は運動能力が発達していきます。
女の子は言葉や社交性などが大きく発達します。
このような、女の子は大人から「おりこう」と見なされやすい能力を身につけていくのです。

ですから男の子は女に子に比べて、自分の気持ちや要求をきちんと言葉で伝えるのが苦手で、大人には不器用に映ってしまうことがあるのです。
このことを理解したうえで接してあげる事が大切になってきます。
感情表現が上手にできず、モノにあたったり、かんしゃくをおこす事も多々あります。そんな時は叱るのではなく、
「○○くん、どうしたの?」「どんな気持ちかな?」などと、ママが沢山の言葉をかけてあげてください。
大変だと思いますが、根気よく続けることで、ママのマネをしながら【自分の気持ちを言葉で表現する】 ことを学んでいく事ができるようになっていきますよ。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る