朝の目覚めや支度が遅い子どもを「朝が強い子ども」に変える方法とは?

4daa83c2727d0ff5393ae577f2c7af2a_m

朝が苦手で毎朝苦戦する日々・・・

朝起きられないお子さんって多いと思います。
我が家の長男も朝が苦手で毎朝苦戦する日々です。
遅れるからと何度も声をかけても起きない。しかしママにとって朝は本当に忙しいもの。
特に仕事をしていると、出発する時間が決まっているので、なおさら焦ってしまいますよね。

スポンサードリンク

早く寝かせることが一番大事

73772017f433eadd7f01d01c0fbd3c77_m

スッキリ起きるためには、まず早く寝かせることが一番大事です。
小学生でも低学年のうちは21時頃には眠っておいてほしいものです。
「毎日絶対に!」と決めてしまうと出来なかったときにストレスを感じてしまいます。
まず「早く寝かせられたらラッキーだわ」と思うところから始めてみませんか。

夜寝る前も、できるだけ「早く寝なさい!」と言わないで楽しく過ごせるように心がけられるとスムーズに入眠できます。
笑顔で布団に入ってそのまま眠ることが出来た時と、「早く寝なさい!」とせかされて機嫌が悪いまま眠るのとでは眠りの質が変わる気がします。
機嫌よく眠りにはいる事ができると、翌朝も機嫌よく朝を迎えられるようになってきますよ。
スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る