子供用水等の選びかたは?どんなタイプを選べばいい?

7363f7fa9ee9dc27bf65d478dc8ec4e4_m

水筒はお出かけ時の必須アイテム

暑い時期が近づくと、園や学校から水筒を持ってくるようにと言われることもありますよね。
特に夏場などは、熱中症や脱水症状などから身を守るためにも水筒はお出かけ時の必須アイテムとなります。
子供用水筒は、素材や飲み口など種類が豊富で、どういったものを選べば良いのか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、子供用水筒の種類についてご紹介したいと思います

水筒の素材は大きく分けて2種類

df4bcb849638591611a339a083f77292_m

● ステンレス
保冷・保温効果に優れており、暑いときに、冷えた飲み物を冷たいまま飲むことができます。また丈夫なので、壊れにくいのも嬉しいポイントです。
ただしプラスチック製に比べて重く、キャラクターものや可愛いデザインが少ないというデメリットがあります。

● プラスチック
軽いので、小さな子供が持ち運ぶ時に負担が少ないのが特徴です。
キャラクターなどのデザインが豊富で、子供のお気に入りのデザインが見つかりやすいと思います。
ただし保冷・保温機能がなく、ステンレス製と比べると壊れやすいというデメリットがあります。

スポンサードリンク

水筒の飲み口

園や学校によって水筒の飲み口が指定されている場合があるので、確認してから購入するのがおすすめです。

● ストロータイプ
小さな子供でも飲みやすく、倒してもこぼれにくいのが特徴です。
しかし、パーツが多く細かいので、洗う時の手間がかかります。

● 直飲みタイプ
ダイレクトに飲むことができ、パーツも少なくお手入れしやすい点から人気のタイプです。
小さな子供の場合は、上手に飲めずこぼしてしまう事がありますので注意が必要です。

水筒の容量

未就学児の場合は「300~350ml」を目安にしましょう。
容量が大きくなるほどサイズや重さも増えるので、その分子供にも負担はかかります。
暑い日や水分をよく摂る子供の場合には「500~650ml」くらいの水筒を用意すると安心ですね。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る