子供同士のケンカやトラブル。どこまで関与する?

d08c4f65e984c53a3b58120ddfbc059e_m

子供同士のケンカに親がどこまで踏み込むか・・・

子供のちょっとした争いって少し気になりますね。
ただ、親が思ってるほど深刻でもなく、案外あっさり翌日には仲良しに戻ってる事がほとんどなのですが・・
親としては、ダメな事を教えるのは子供の為にも、とても大切な事ですよね。
また、子供同士ではさほど気にしていない事でも、現場に居合わせていなかった親としては、子供の話を聞く事で判断する事もほとんどなので、時には深刻な事態に発展する事も。
スポンサードリンク

子供が友達にケガをさせてしまった

2fee35efaecb94e4b4624b2e351de370_m

子供同士のケンカで相手の子にけがをさせてしまった。
このような場面もあるかと思います。

子供が喧嘩をし同じクラスの子を殴ってしまいました。その日のうちにお詫びに伺いました。
湿布を貼るくらいの怪我でしたが病院にかかったそうなので、手土産を持って治療費を払いに行った時、
「これで気が済んだと思われたくない」と手土産をつき返されました。

子供同士のケンカも本来ならば子供たち同士の問題なのかもしれませんが、ケガをした、ケガをさせてしまったとなるとやはり保護者への謝罪となる事がほとんどだと思います。
これも親の考え方で様々な意見があるかと思います。

■何かがきっかけでケンカになってしまった。お互い様だから仕方がない。
■理由はどうであれ、手をあげるのは絶対にダメ

あなたはどのように考えますか?

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る