子供を低体温から守りましょう!!子供の低体温を防ぐ対策

3eac18563b3f4b38b88f8e3d1881be6d_m

自律神経の乱れを整えよう

低体温にならないようにするためには、自律神経の乱れを整える必要があります。
次のような対策が効果的です。

■生活リズムを整える
b583fd50fd83d67c8121e735deaad525_m
最近では、大人の生活リズムに合わせてしまい、生活リズムが崩れている子供が多いです。
遅くても、21時には寝かしつけましょう。そして朝は7時に起こすようにしましょう。
●理想の睡眠時間
1~3歳 12~14時間
4~6際 10~13時間
6~12歳 10~11時間

■体を動かしましょう

ゲームに夢中になってしまい、外で遊ばない子供が増えています。
体を動かすことで、体温を上昇させることができますので外に出て遊ぶようにしましょう。
また夜遅くまでゲームをしていると、脳を刺激してしまい、眠れない原因になるので、寝る前にゲームはさせないようにしましょう。

■朝ごはんをしっかりと食べさせる
朝ごはんを食べずに、登園、登校するということはありませんか?
朝ご飯を食べることで、体温が上昇しやすくなります。
朝ご飯を食べない原因は、睡眠不足が考えられますので、上記にご紹介しました睡眠時間を参考に生活リズムを整えましょう。
早寝早起きのリズムが整うと、朝しっかり食べれるようになります。

■食生活の見直しをする
冷たい食べ物や甘い食べ物は、低体温になりやすくなります。
子供はアイスクリームや甘いおやつが大好きですが、
それらをたくさん食べていると低体温になりやすいです。
お菓子は控え、バランスの摂れた食事を採るように心がけましょう。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る