子供の歯ぎしりはストレス?

87c8465a47c5f48764d6307018c0b1e2_m

子供の歯ぎしりの原因は?

子供の歯ぎしりの原因は年齢によって違うと言われます!
歯ぎしりがひどいと、歯がすり減ったり、欠けるなどの恐れがあるため、対応が必要になります。

噛み合わせを整えている

1387beeb9340826efcb66f6f9e681885_m

4~5歳の幼児は、顎も発達してきて大きくなります。しかし乳歯はそのままなので、歯と歯の間に隙間ができます。

また、10歳頃までは永久歯が生えてきますので、乳歯と永久歯が混ざる事で噛み合わせにズレが生じます。
そのために、【歯ぎしりをして噛み合わせを調整している】と考えられています。
噛み合わせの調整による歯ぎしりは、成長と共にに永久歯が生えそろってくると自然となくなりますので、心配はいらないようです。
スポンサードリンク

ストレス

基本的にストレスは関係ないと言われますが、「急に歯ぎしりをするようになった」場合は、ストレスの疑いがあります。
例えば、「入園・引っ越しなどで新しい環境になった」「兄弟が生まれた」「両親の喧嘩が多い」「怒り過ぎている」などが思い当たる場合は、ストレスが原因かもしれません。
この場合、歯ぎしりだけでなく、子供自身のストレスを軽減させる対応が大切になりますね。
ストレスのため奥歯を強く噛みしめて、「歯がすり減っていたり、欠けたりしたなどといった場合は、早急に対処するようにしてください。

特に心配する必要はないとされる子供の歯ぎしりですが、ひどい歯ぎしりの場合は注意が必要です。
思い当たる原因がまずないかを考えて、歯磨きに際にもお口の中を注意深く見てあげるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る