子供に効果的な叱り方とは?怒鳴るだけでは子供の心には届かないんです

a459da14e1915382f522facb00860992_m

子供にとって効果的な対応のしかたは?

子供が悪いことをしてしまった時に、ついつい怒りすぎてしまったりしていませんか?
私自身もよく感情的にってしまい、後から怒りすぎたかなと後悔することがよくあります。
叱ってもまた同じことを繰り返しすることもしょっちゅう・・・

では、どのように対応すれば子供にとって効果的なのでしょうか・・・

スポンサードリンク

効果的な叱り方とは

302a9b4f67d44f5a533c66fef9422653_m

■まずは叱られている理由を説明する

どうして叱っているのかを必ず理由を説明してあげましょう。
説明する時は、何かをしながらしかるのでは無く、必ず子供とちゃんと向き合って目をみて伝えてあげて下さいね。

■感情的に怒らないこと

普段だと許容範囲の事でも、仕事などでイライラしていると、つい怒りスイッチが発動してしまいがちになりませんか?
もしちょっとしたことで怒ってしまったのなら、「イライラしててごめんね。」と後で子供に言ってあげて下さいね。

■後になって(時間が経って)から怒らない

危険なことや悪いことをしたら、その時、その場所で叱りましょう。
時間が経って「あの時のあれはダメよ!」などと叱っても、子供には理解できません。
今のこれはいけないことよ!と、その場その場できちんと注意をしてあげましょう。

■怒られた事を忘れてしまうこともある・・・根気よく接してあげて

この前も叱ったのに・・・また同じことで怒られる・・・
そうなると、ますますイライラしてしまいますが、子供は同じ失敗を何度もしてしまうものなのです。
「この前も言ったでしょ!!」と過去のことは持ち出さずに、根気よく理由を説明してあげて下さい。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る