妊娠中はコーラを飲んではダメ???えっ!?ココアやチョコもダメなの!?

adbd9e2662bc87958bae5ef74b9cfb82_m

カフェインを摂ってはいけない理由

妊娠中にカフェインを摂る事はNG!って聞いたことはありませんか?
そして、どうしてカフェインを摂ってはいけないのでしょうか?

妊娠中に食べた食べ物は、胎盤を通じて赤ちゃんに直接運ばれます。
その為、カフェインもママが摂取すると、赤ちゃんに送られてしまう事になります。
胎児は肝臓機能がまだまだ未発達のため、カフェインを体外に排出することができません。
カフェインは胎児を興奮させる作用があり、そして発育遅延のリスクも高くなります。

妊婦さんはもともとカルシウム不足に陥りやすいのですが、カフェインを摂取することにより、尿として排出するカルシウムの量を増やしてしまいます。
またカフェインは、鉄分の吸収も妨げます。妊婦さんにとって必要な、カルシウムや鉄分の吸収が悪くなるのは困ってしまいますよね。
ですから妊娠中は、できるだけカフェインを摂取しないようにする事が理想なんです。

スポンサードリンク

出産後も授乳するならカフェインは控えましょう!

79af6f85b13a32445b87ee60a9ebfb3c_m
出産も無事に終わり、やっとコーヒーを思う存分飲める!!と思ったらそれは間違いなんです!

母乳は血液から作られます。ママが食べたものを直接赤ちゃんに与える事と同じなんです。
カフェインは興奮させる作用がありますので、赤ちゃんの夜泣きの原因になってしまう事も。
妊娠、出産後はしばらくカフェインを控えましょう。

カフェインを含む飲み物と食べ物はコーヒー以外に知られるものでは
●コーヒー
●紅茶
●お茶

実は知知らなかった!!というものが以下の3つです。
●コーラ
●ココア
●チョコレート

しかし妊娠中に、カフェインを全く摂らないのは難しいですよね。ストレスの原因になってしまう事もあります。
ちなみに妊娠中は1日に100mg~200mgだったら摂取しても良いとされています。

我慢してイライラするよりも、少しくらい飲んでもOKなので、そんな時は我慢せずに飲みましょう。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る