妊娠中の貧血には注意!食事で鉄分吸収率をアップする方法とは?

3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_m

妊娠中に貧血が起こる原因

妊娠すると、30~40%の妊婦さんが鉄欠乏症になり、貧血になります。
血液中の酸素を運ぶ赤血球が少なくなることで貧血は起こります。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに酸素と栄養を運んだり、出産時の多量出血に備える為に、血液量は増えます。
血液は増えますが、赤血球は増えないので、赤血球の濃度が薄くなってしまい、貧血になりやすくなります。
そして、お腹の赤ちゃんもお母さんから酸素と栄養を貰いますので、鉄分不足になりそれが貧血の原因にもなるのです。
貧血を解消しないまま、出産してしまうと、血圧が下がりやすく、出血多量で意識不明になり、輸血をしないといけなくなる場合もあります。
そうならないためにも、早めに貧血予防をしていきましょう。

スポンサードリンク

食事で貧血を予防する方法

73297c4744fa01fd4c1b4fe7904c7e97_m

■鉄分を多く含む食材を食べましょう

●赤身の肉、魚、レバー
●ほうれん草、小松菜などの緑黄色野菜
●ひじき、あおのりなどの海藻類
●豆腐、納豆などの大豆製品

上記の食材を積極的に、取り入れるようにしましょう。

■鉄分の吸収を高める食材を一緒に食べましょう

鉄分の吸収率をよくしてくれる、ビタミンCを一緒に食べましょう。
大豆やほうれん草は単体だと鉄分が吸収されにくいのですが、吸収しやすいように手助けしてくれます。
レモンやゆずなどを絞って、料理のアクセントにするなどすると摂取しやすういのではないでしょうか。
朝昼晩とビタミンCは必ず摂るようにしましょう。

普段の食事を少し意識するだけでうまく鉄分を取り入れる事ができます。
鉄分を摂るのを意識するだけではなく、一緒にタンパク質やビタミンCと摂ることで、鉄分の吸収率アップをはかりましょう。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る