出産費用っていくらかかるの?必ず必要な費用とは?

d52aca774b57baa4a7996dfb4477d152_m

出産費用がいくらかかるか知ってますか?

実際に妊娠するまで、出産費用にいくらかかるか知らない方のほうが多いかとは思いますが、
国から援助が貰えることはご存知でしょうか?援助に加えて実際にいくらくらいかかるのか・・・
出産にかかる費用について、お話したいと思います。

スポンサードリンク

出産にかかる費用

a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_m
■出産費用

出産する病院によって、かかる費用が違ってきます。
個人病院 40万~60万円
総合病院 35万~50万円
助産院 25万~40万円

がだいたいの目安の金額になります。

国からの補助、出産育児一時金は現在、42万円。
しかし、それだけでは足りない場合がほとんどです。

地域によっては、補助金を受け取る前に全額負担しないといけない場合もありますし、退院時に補助金を差し引いた金額を請求されることもあります。
また、帝王切開の方が料金も高いです。
こればかりは、出産してみないと、いくらかかるかはわからないので、多めに準備しておきましょう。

■健診費用

意外に結構かかるのが健診費用です。
出産までに、平均して10回ほどの健診を受けなければいけないのですが、
検診費用にも地域によって回数に差はあるかと思いますが、国からの助成がありますので、助成が適用される時は1000円から、助成が適用されない時では多くて10000円近くかかることもあります。
検査内容にのるので、念のため毎回少し多めにお金を用意しておくと安心です。

■マタニティ用品と出産準備品

マタニティ用品で必ず必要になるのが、マタニティ用のインナーです。
マタニティウエアは専用のものを買わなくても、ゆとりがある手持ちのワンピースなどを着まわせば買わなくてもいい場合もありますので、お腹が大きくなってから考えるでもいいかと思います。
もしも新しく買うことになりそうな場合、産後も着れそうなワンピースやトップスを選ぶといいと思いますよ。

以上が必ず必要になってくる費用です。
思ったよりもお金がかかりますよね・・・

国から補助も出ますが、それでも支払う金額は少し多いので、準備をしっかりとしておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る