公立の中学校でもお金ってかかるの!?学校教育費の内容が知りたい!!

40afbff10578944daf926495b37f24c7_m

今回の記事は公立中学校でかかる学校教育費の内訳ついて書いていきます。
公立中学とはいえ、年間にトータルで約50万円近く必要となる学費

参考:中学生でかかる学費っていくら?

更には、内訳も気になるところではないでしょうか?
その中の1つ、中学校での学習教育費の内訳について見ていきたいと思います。

この記事を読んでいただきたい方は「公立中学校入学を控えている小学校高学年の子供を持つ人」です。

公立中学への進学は、そんなにお金がかからないイメージを持たれている方も多いかと思います。
しかし、公立の中学校でもそれなりにお金はかかるんです。。。

学校教育費の内容が知りたい!

学校教育費とは、「授業料」「授業内でつかう教科書代」などの費用です。
ここでは部活動や通学で使われる費用も含まれます。

学習教育費内訳

中学校での学費の約50万円のうち、学校教育費に使われる金額は、約12万9千円です。
ここでは、教育費としての金額の内訳になりますので、給食費は含まれません。

給食費についてはコチラの記事からどうぞ
参考:公立中学校の給食費の平均金額っていくらくらい?1年間の平均と卒業までの費用を知りたい!

学校教育費の中でも、参考の表で見ていただくとわかりますように、いくつかに目的がわかれます。

スポンサードリンク

ポイントは公立中学校は授業料が0円!!

ad755c7431b09cb2f3913e554e78edc0_m
公立の小学校と中学校は授業料が0円なのはご存知でしたか?
私立中学と公立中学の教育費で大きな差がでるのが、まさにここだと言われます。

しかし、授業料が無料とはいえ、年間50万円というのは、なかなかの出費ですよね。
節約できる部分もあるかと思いますが、学校教育費に関しては、基本は削れない必要なお金と考えるのが正解です。

しかし・・・

スポンサードリンク

場合によっては削れる予算もあり!

部活動については、小学校に比べると、中学校から活発になってきますので、活動においての費用にあてられる、教科外活動費も増えてきます。

通学関係費(交通費)に関しては、公立の場合、徒歩や自転車で通学できる人がほとんどですので、交通費も比較的少なくなっているようです。

また、表では平均として価格が表記されていますが、実際は0円に近いご家庭もいらっしゃると思います。
ここはご家庭によっては、けずれる費用になるかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?
公立中学でかかる学費の内訳の1つ、学校教育費について見てみました。

1年間でかかる学費は約50万円。
そのうち学校で必要とする学費は約12万9千円だという事が今回わかりました。

しかし、なかには削れる部分もありそうでしたよね。
削れる部分はしっかり押さえて上手にやりくり頑張りましょう!!

残りの費用の中には「給食費」「学校外活動費」がふくまれます。

そちらの内容についてはコチラからどうぞ
参考:公立中学校の給食費の平均金額っていくらくらい?1年間の平均と卒業までの費用を知りたい!
参考:中学でかかる学校外活動費の内訳

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る