インフルエンザで子供の高熱が下がらない!困った時の対処法とは?

64ef8abf4e3b1a9be0aa1937beedf22d_m

熱が下がらない時の対処法

インフルエンザにかかり、子供が高熱を出して苦しそうにしていたら心配ですよね。
少しでも楽にしてあげるために、どうしたらよいのでしょうか?

■解熱剤を使う
インフルエンザの高熱に解熱剤を使っても大丈夫?
と疑問に思う方もいると思いますが、使用して大丈夫です。

しかし解熱剤が原因で、インフルエンザ脳炎を引き起こす可能性もありますので、
ドラッグストアなどで販売している解熱剤を、自己の判断で使用するのはやめておきましょう。
病院で医師に診断してもらい、処方してもらたものを使用しましょう。

解熱剤を使う時のポイント
●熱が38度以上あり、ぐったりして元気がない
●続けて使用する場合は6時間以上間隔をあける
40度の高熱でも、子供が元気な場合は使わなくても大丈夫です。

■水分補給をする
食欲がなくても、水分補給は必ずさせましょう。

たくさん飲めない場合は、一口でもいいので飲ませることが大切です。
少しの量でも、こまめに飲ませることにより、脱水症状を防ぐことができます
電解質も一緒に補給できる、スポーツ飲料を飲ませてあげるのもおすすめです。
水分が全くとれない場合は病院に連れていきましょう!

■部屋は加湿はしっかり、部屋を暖めすぎないように
高熱がでているからといって、暖房を効かせすぎるのはやめましょう。
それよりも、しっかり加湿してあげることが大切です。
加湿することで、咳や鼻水の症状が楽になります。

もしも加湿器がない場合は、濡らしたタオルを部屋に干すだけでも乾燥を防いでくれますよ。
スポンサードリンク

3日以上高熱が続く時は病院へ行きましょう

597064085da88b765642ef6518664278_m
3日以上高熱が続く場合は、合併症で肺炎や気管支炎を起こしている可能性があります。

病院に行って、診察してもらいましょう。
合併症を起こさないためにも、やはりインフルエンザの予防接種を打っておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る