いくらかかるの?公立中学の入学費用。お金の準備できてますか?

e272942d2b5d59fd17bf6e15c67be909_m

ずばり!公立中学校の入学準備に必要な費用はいくらくらい?

今回の記事は一般的な公立中学校への入学に向けての必要金額について書いていきます。

この記事を読んでいただきたい方は「中学校入学を控えているお子様を持つ人」「子供の将来にむけて、何となくお金を貯めないといけないかな?と考えている人」です。

公立とは言え中学校へ入学する頃は何かとお金がかかるものなのです。

では、実際にいくら準備しておけば困らないのか・・・?

余裕をもってトータルで30万円というところでしょうか。
入学後に少しずつ買い揃えていい物もありますし、教材費や修学旅行費用にしてもそうですね。

そこを考慮すると、入学までにぜひ準備しておいてほしい金額は20万円でも大丈夫そうです。

スポンサードリンク

中学入学~日常生活において必要なお金を考えてみましょう

01dfbbad5529a99bad97423289e59dd8_m

中学入学へ向けて、考えられる必要な出費を書き出してみました。

■公立中学校入学準備金(学校費用(学習参考書・制服・体操服・シューズ・指定バッグなど)

■私立受験料・入学金
公立の中学校への入学と私立進学を希望して受験料や入学金、プラス公立中学同様にかかってくるであろう
入学準備金(学校用品)などをプラスすると、この時点での出費も大幅に違ってきます。

■塾やならいごと
■携帯電話(ひと昔と違いほぼ持っているお子さんが多いのではないかと考えます)
■部活費用(遠征・休日弁当・交通費など・合宿)
■食費(育ちざかり・男女で違いあり)
■お小遣い

など・・・考えるとまだあるかもしまれませんが、ざっとこんなものでしょうか。

スポンサードリンク

公立中学校でも多少なりとお金はかかります。

8d33c6d1bc2c2bb550081011da41c11e_m

入学前に準備が必要なもの

まずは、中学校に入学する前に指定の制服や小物を購入しなければいけません。

■制服ブレザー
■制服ズボン
■カッターシャツ2枚~
■ベルト
■半そで体操服上2枚~
■半そで体操服ズボン1~2枚
■長袖体操服上1枚(ジャージ)
■長袖体操服下1枚(ジャージ)
■体育館シューズ
■上履き

上履きや、カッターシャツ、ベルトなど、色以外の指定が無ければ制服用品店では無く、
今ではスーパーでお手頃価格で揃うようにもなりました。

その他には、学校指定の鞄や靴、また文房具なども購入しなければいけません。
これらをおおまかで計算してもおそらく5万円~7万円くらいかかるのではないでしょうか。

また、中学入学に気を取られてばかりでもいられません、小学校卒業~中学入学までは一気に出費がかさみます。
小学校卒業式に着る洋服(男の子の場合、中学の制服を着て卒業式に出る地域もあるようですね)、靴、卒業アルバム代など。

入学準備と卒業準備を無駄が無いように進めていけるように、早いうちからお金の事も考えるのもいいと思います。

入学後に必要となるお金は?

また、入学してからも何かとお金はかかってきます

・PTA会費
・教材費(年間で6~7万円)
・給食費
・部活の費用(ユニフォーム・練習着・靴代など・・・)
・塾へ通う場合(1年生よりも、受験生の3年生になってからの方が金額は高めに)
・修学旅行費用(旅行先によっても金額は違ってきますが5~6万円はみておいたほうがいいようです)

ざっと思い浮かぶ物を出してみましたが、いかがでしたでしょうか?
このように、公立とは言え、入学前~入学した後にもちょこちょことお金が入用になってくるのが、中学校あたりからになります。
その時期が来た時に困らない為にも、今から少しずつでもいいんです。コツコツと貯金することを初めてみませんか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る