あせもなどの皮膚炎は夏にヒドくなる事があるので要注意

c0c31ba32f9d03f378748e1f5dad9aa6_m

あせも

かゆみを伴う小さな赤いブツブツができるあせも。
乳幼児によくみられますが、汗をたくさんかくこれからの季節は子供たちも油断はできません。
掻きすぎて化膿したりすると治りにくくなることもあるので、早期に適切な治療を行うことが大切です。
汗をかいた後はふき取るなどして清潔に保ちましょう。
スポンサードリンク

虫刺され

4fdd9caab9595b38c2789af54015dbc8_m
夏は特に増える「虫刺され」。
赤い腫れやブツブツ、かゆみを伴うイヤな皮膚トラブルです。
ついかきすぎて症状が悪化する場合もありますので注意が必要です。
かきむしると、爪からブドウ球菌などが入り、
とびひを発症することも。患部に加えて手指の清潔にも注意しましょう!

アトピー性皮膚炎

アトピー肌だと夏は汗をかきやすいのでかゆみが増して辛い時期になります。
汗をかいたらこまめに濡らしたタオルなどで拭いてください。
乾いたタオルしかない場合は優しくそっとおさえて汗をふきます。
ごしごしと拭いてしまうと、刺激が強いのでかゆみが増してしまう可能性がありますので注意が必要です。
皮膚を清潔に保ち、薬の塗布について保護者とよく話し合い使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る